神奈川大和市でスズメバチの巣駆除!お家の軒下、安心対応

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは、横浜ハチ駆除本舗です。

今日は神奈川県大和市で起こったスズメバチの巣駆除の事例を紹介したいと思います。

スズメバチはとても危険な生き物ですが、どんな生き物なのか、どうやって巣を作るのか、どうやって駆除するのか、どうやって再発防止するのか、など説明していきます。

スズメバチのことをもっと知って、夏を安全に過ごしましょう!

神奈川県大和市で見かけるスズメバチの生態と蜂の巣の形成

まずはスズメバチの生態と蜂の巣の形成についてお話しします。

スズメバチはハチ目ハチ科スズメバチ属に属する昆虫です。

日本ではオオスズメバチやキイロスズメバチなどが有名ですね。

スズメバチは体長が2~4cmほどで、黒と黄色の模様があります。

触角や足も黄色です。

スズメバチは強力な毒針を持っており一度刺されると激しい痛みやアレルギー反応を起こすことも

特にオオスズメバチは毒量が多く、刺されると命に関わることもあります。

スズメバチは社会性昆虫で、一つの巣に多数の個体が暮らしています。

一つの巣には女王蜂と働き蜂がいます。

女王蜂は巣の中心で卵を産み続けます。

働き蜂は女王蜂を守りながら食料を集めたり巣を作ったりします。

スズメバチは春から秋にかけて活動しますが冬になると女王蜂以外は死んでしまいます。

女王蜂は冬眠して春になると新しい巣を作り始めます。

スズメバチの巣は木材や植物繊維などを噛み砕いてペーパー状にしたもので作られます。

最初は女王蜂が一匹で作り始めますが働き蜂が増えると協力して大きくしていきます。

スズメバチの巣は球形や楕円形で中に多数の六角形の巣穴があります。

巣穴には卵や幼虫が入っています。

スズメバチの巣は大きくなると直径が50cm以上にもなります。

スズメバチの巣は木の枝や軒下などに吊るされていますが地中や壁の中に作られることもあります。

スズメバチの巣が軒下にできる理由

次にスズメバチの巣が軒下にできる理由についてお話しします。

スズメバチは巣を作る場所を選ぶときに以下のような条件を考えます。

雨や風に当たらない
・太陽の光や熱に当たらない
・外敵から守られる
・食料や水が近くにある

これらの条件を満たす場所として軒下はとても魅力的です。

軒下は屋根によって雨や風を避けられますし太陽の光や熱も直接当たりません。

また、軒下は高い位置にあるので外敵から守られやすいです。

さらに、軒下からは花や果物などの食料や水が見つけやすいです。

そういうわけで、スズメバチは軒下を好んで巣を作るのです。

民家の軒下に巣を作るスズメバチは主にコガタスズメバチやキイロスズメバチです。

これらの種類は人間にも攻撃的です。

特にキイロスズメバチは日本で最も危険なスズメバチの一種と言われています。

キイロスズメバチは一度に数十匹が集団で人間を襲うことがあります。

その場合、逃げることはほぼ不可能です。

スズメバチの巣の駆除方法

では、スズメバチの巣が軒下にできたらどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。

駆除専門のプロに任せましょう!

スズメバチの巣を駆除する前に知っておくべき注意点は以下の通りです。

巣を自分で駆除しようとしない
スズメバチの巣に近づかない
スズメバチの巣を刺激しない

スズメバチの巣を自分で駆除しようとすると非常に危険です。

スズメバチは自分たちの巣を守るために激しく反撃します。

素人が駆除しようとするとスズメバチに気づかれて攻撃される可能性が高いです。

また、駆除するための道具や服装も適切でなければなりません。

専用の殺虫剤や防護服が必要です。

スズメバチの巣に近づかないことも重要です。

スズメバチは自分たちの巣から数十m以内に侵入者がいると感知します。

その場合、警戒して攻撃することがあります。

特に頭部など顔面を狙って刺します。

顔面を刺されると目や喉など重要な部位にダメージを受けると視力や呼吸に影響が出ることがあります。

また、アナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応を起こすこともあります。

アナフィラキシーショックは血圧が急激に下がったり呼吸困難になったりする状態で放置すると死に至ることもあります。

スズメバチの巣を刺激しないことも大切

スズメバチは自分たちの巣に振動や音や光などの刺激を感じると攻撃モードになります。

そのため、スズメバチの巣を叩いたり、揺らしたり、照らしたりしないでください。

また、スズメバチの巣の近くで大声を出したり、走ったり、振り回したりしないでください。

スズメバチは動きや音に敏感です。

巣を見つけたら静かにその場を離れましょう。

スズメバチの巣を駆除する方法と手順

近くの駆除業者に連絡する
業者が現場に来て巣の状況を確認
駆除業者が防護服や殺虫剤などの道具を準備
殺虫剤を噴射してスズメバチを退治
駆除業者が巣を取り外して持ち帰る
現場を清掃して作業終了

スズメバチ駆除のプロはスズメバチの種類や行動パターンによって適切な駆除方法を選びます。

また、スズメバチの巣の位置や大きさによっても駆除方法が変わります。

例えば、高い位置にある巣ははしごや高所作業車を使って駆除します。

地中や壁の中にある巣は掘り出したり壊したりして駆除します。

スズメバチ駆除のプロは安全対策も万全です。

防護服やマスクや手袋などで全身を覆って作業します。

また、周囲に人やペットがいないことを確認してから作業します。

私は先日、大和市内の戸建住宅に住むお客様からスズメバチ駆除の依頼を受けました。

お客様は軒下に大きなスズメバチの巣ができていることに気づきました。

お客様はインターネットで横浜ハチ駆除本舗のサイトを見つけて連絡してくれました。

私はすぐに現場に向かいました。

現場に着くと、軒下に直径約20cmほどの球形のスズメバチの巣がありました。

スズメバチの巣からは数十匹のスズメバチが出入りしていました。

スズメバチの種類はキイロスズメバチ

キイロスズメバチはとても危険なスズメバチなので、私は慎重に駆除作業を行いました。

まずは防護服や殺虫剤などの道具を準備しました。

次に、周囲に人やペットがいないことを確認しました。

そして、はしごを使って軒下に近づきました。スズメバチの巣に殺虫剤を噴射しました。

殺虫剤は即効性があり、スズメバチはすぐに死んでしまいました。

殺虫剤を噴射した後、しばらく待ってから巣を取り外しました。

巣を取り外すときは、中に生き残っているスズメバチがいないか注意しました。

巣を取り外したら、ビニール袋に入れて持ち帰りました。

最後に、現場を清掃して作業終了しました。

お客様はスズメバチの巣が駆除されて安心しました。

私も無事に作業ができて良かったです。

私はスズメバチ駆除のプロとして、お客様の安全と満足を第一に考えています。

スズメバチの巣の再発防止策

スズメバチの巣を駆除した後は、再発防止策を行うことが大切です。

再発防止策としては以下のようなことができます。

隙間や穴を塞ぐ
・防虫ネットや防虫剤を設置する
・花や果物などの食料源を減らす
・水場やゴミ箱などの誘因を減らす

これらの対策を行うことで、スズメバチが巣を作りにくくなります。

また、定期的に軒下や屋根裏などを点検して、スズメバチの巣ができていないか確認することも重要です。

早期発見すれば早期駆除ができます。

最後に、スズメバチの巣に関する注意事項と安全対策についてお話しします。

スズメバチの巣は非常に危険ですから、以下のようなことに気をつけましょう。

・見つけたら静かにその場を離れる
・巣に近づかない
・巣を刺激しない
・自分で駆除しようとしない
・スズメバチ駆除のプロに連絡する

もし、スズメバチに刺されたら以下のような対処法を行いましょう。

  • 刺された部位を冷やして痛みや腫れを抑える
  • アレルギー症状がある場合は速やかに医療機関に行く
  • アナフィラキシーショックの場合は救急車を呼ぶ

以上がスズメバチの巣に関する注意事項と安全対策です。

毒針が刺さっていたら、爪やカードなどで押し出すことで、毒の拡散を防ぎます。

毒針を引っ張ったり潰したりしないでください。

それは毒を絞り出してしまうことになります。

スズメバチはとても危険な生き物ですが、正しい知識と対策を持っていれば安全に暮らすことができます。

スズメバチの巣に関する情報と相談先

最後に、スズメバチの巣に関する情報と相談先についてお話しします。

スズメバチの巣に関する情報はインターネットや書籍などで調べることができます。

しかし、インターネットや書籍の情報は必ずしも正確ではありません。

また、スズメバチの巣の状況は場所や時期によって異なります。

そのため、スズメバチの巣に関する情報は参考程度にしてください。

スズメバチの巣に関する相談先は以下のようなところがあります

  • スズメバチ駆除のプロ
  • 消防署
  • 市町村役場

スズメバチ駆除のプロはスズメバチの巣を駆除する専門家

横浜ハチ駆除本舗もその一員です。

スズメバチ駆除のプロはスズメバチの種類や生態や駆除方法に詳しく、安全かつ効果的に駆除作業を行います。

また、再発防止策やアフターサービスも提供します。

スズメバチ駆除のプロはインターネットや電話帳などで探すことができます。

消防署は火事や救急などの緊急事態に対応する機関

消防署はスズメバチ駆除も行っていますが、基本的には人命救助が優先です。

そのため、消防署にスズメバチ駆除を依頼する場合は以下のような条件が必要です。

  • スズメバチに人が刺される危険性が高い場所にある
  • スズメバチの巣が公共施設や公共道路など公共の場所にある

消防署にスズメバチ駆除を依頼する場合は119番で連絡してください。

消防署は現場に来て状況を確認してから駆除作業を行います。

消防署はスズメバチ駆除に費用を請求しません。

市町村役場は地域の行政を担う機関

市町村役場はスズメバチ駆除の相談や依頼を受け付けていますが対応範囲や方法は市町村によって異なります。

一般的には以下のような場合に対応しています。

  • スズメバチの巣が公共施設や公共道路など公共の場所にある
  • スズメバチの巣が低所得者や高齢者などの支援対象者の住宅にある

市町村役場にスズメバチ駆除を依頼する場合は市町村役場の電話番号で連絡してください。

市町村役場は現場に来て状況を確認してから駆除作業を行います。

市町村役場はスズメバチ駆除にかかった費用を請求することがあります。

以上がスズメバチの巣に関する情報と相談先です。

スズメバチの巣は非常に危険ですから、自分で駆除しようとしないでください。

プロや機関に相談してください。

蜂の駆除に関するご相談やご依頼は、横浜ハチ駆除本舗までお気軽にお問い合わせください。

いかがでしたか?

この記事があなたの役に立てば幸いです。

それでは、また次回お会いしましょう!

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

無料相談はこちら090-6183-9046【朝8時~夜8時まで年中無休】

お問い合わせ お気軽にご相談ください