神奈川県横浜市中区 - 安全かつ迅速なアシナガバチの巣駆除サービス!マンションの窓サッシ対応

この記事はプロモーションが含まれています。

あなたは、蜂の巣に遭遇したことはありますか?

こんにちは、横浜ハチ駆除本舗です。

つい先日、横浜市中区のマンションにお住まいの方から「ガラス窓と網戸の間に蜂の巣ができている」とのご相談をいただきました。

種類は前回の金沢区と同じアシナガバチでした。

今回は、その駆除の様子をお伝えしたいと思います。

お客さまがおっしゃるには、蜂の巣が発見されたのは先週の土曜日のことでした。

仕事部屋のカーテンを開けて掃除をしようとした時に右側のサッシ枠に何か黒いものがついているのに気づき、よく見ると、それは蜂の巣で、しかも蜂が何匹も群がっていたとのことです。

すぐに掃除を中断して窓を閉めて、蜂の種類をネットで調べた結果、それがアシナガバチという蜂だとわかったそうです。

刺されると血圧低下などの重篤な症状が起こることがあることを知り、すぐに横浜市内の駆除業者をGoogleで検索し電話連絡された経緯のようです。

「すぐに来てくれて助かりました」と言ってくれました。

アシナガバチの特徴と危険性

アシナガバチは日本全国に分布する社会性のハチで、体長は約2.5~3cmほどの大きさです。

黒色と黄色の模様が特徴的で、触角や足も長いです。

アシナガバチは自分たちの巣や仲間を守るため攻撃的になり、容赦なく刺します。

刺されると強烈な痛みや腫れが起こりますが、それだけではありません。

アシナガバチの毒液にはヒスタミンやセロトニンなどの神経毒が含まれており、血管や心臓に影響を与えます。

そのため、アレルギー体質の人や多数刺された人は命に関わることもあります。

また、アシナガバチは一度刺すと針が抜けないため、何度も刺される可能性が高いです。

アシナガバチは人間の動きや音に敏感に反応しますので、巣に近づいたり、振り払ったり、叫んだりすると攻撃されることがあります。

アシナガバチに遭遇したら、静かにその場を離れるのが最善の対処法です。

蜂の巣駆除にかかった時間と手順

私が到着したのは、連絡をいただいてから約60分後でした。

防護服やマスク、手袋などを着用し、駆除用のスプレーなどを持っていきました。

まずは窓から蜂の巣の状況を確認しました。

すると、蜂の巣はサッシ枠の隙間に営巣しており、約15匹のアシナガバチが群がっていました。

「大丈夫ですよ」とお伝えして、ご説明してから駆除作業に入りました。

駆除作業は以下のような手順で行いました。

  1. スプレーで蜂の巣に殺虫剤を噴射
  2. 蜂が死んだことを確認
  3. 虫網で蜂の巣を包み、スクレーパーで剥がす
  4. サッシ枠の隙間に残った蜂の巣や死んだ蜂を掃除

駆除作業にかかった時間は約25分ほどで迅速かつ丁寧に作業しました。

今回は、窓のサッシ枠にできたアシナガバチの巣の駆除の様子をお伝えしました。

私を選んでいただいたお客さまに、とても感謝しています。

もちろん駆除費用はかかりますが、ご近所さんへの蜂の被害も免れることができました。

蜂の巣が発生しないようにする予防策としては、以下のことが挙げられます 。

  • 家や庭などに穴や隙間がないかチェックする
  • 穴や隙間がある場合はコーキングやネットなどで塞ぐ
  • 花や果物など蜂が好むものを家や庭から遠ざける
  • ゴミ箱やペットフードなど蜂が寄ってくるものを密閉する
  • 定期的に掃除する

以上、私の体験談でした。

蜂の巣駆除に関する質問があれば、ぜひお寄せください。

それでは今回はこの辺で失礼します。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

無料相談はこちら090-6183-9046【朝8時~夜8時まで年中無休】

お問い合わせ お気軽にご相談ください