横浜市旭区:軒下にコガタスズメバチの巣!専門家による安全な駆除方法

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは、横浜ハチ駆除本舗です。

こちらのページをご覧くださり誠にありがとうございます。

今回のブログは、こちらです。

横浜市旭区内の戸建2階軒下に営巣したスズメバチ

前回は「港北区でのアシナガバチの巣駆除:横浜市の3階建て住宅に対応」でしたが、今回も同じく去年の蜂の巣と思われます。

蜂の種類はコガタスズメバチです。

巣の大きさは25センチメートルほどで夏場に営巣してから2ヶ月くらいは経つと思います。

こちらが撤去した後の写真です。

オオスズメバチと似ているが、オオスズメバチよりも小型。胸部背面は黒色。オオスズメバチには褐色の紋が一対あるがコガタスズメバチにはないことで、見分けることができる。

引用元:岐阜大学

4月のこの時期は巣の中は空っぽで蜂がいないことが多いのです

しかしながら、私の予想が外れて今回も越冬した成虫が巣の中にいました。

下の写真は蜂の巣の中身(内側)です。

写真では2匹が写っておりますが、実際は3匹でした。

飛び回る姿は大きいですが薬剤がかかると、この写真のように三日月型になります。

まだまだ気温が低い日が続いています。

これが20℃以上となりますと、いよいよ女王バチが活発に動きはじめて、あちこちで見かけるようになります。

お家の周囲を見る機会があれば、蜂の巣がないか見ておくことをお勧めします。

蜂の巣なのかわからなくても「なんか怪しいな・・・」と思ったら、お気軽にご相談くださいね。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

無料相談はこちら090-6183-9046【朝8時~夜8時まで年中無休】

お問い合わせ お気軽にご相談ください