横浜市鶴見区での蜂の巣駆除について:アシナガバチやスズメバチのリスクと最適な除去時期

この記事はプロモーションが含まれています。

横浜市鶴見区で蜂の巣駆除にお悩みのあなたへ…

こんにちは、横浜ハチ駆除本舗です。 こちらのページをご覧くださり誠にありがとうございます。

蜂の巣を駆除しないで放置するとその後にどうなるのか?

アシナガバチの巣は一度作ったらそのシーズン限りで、翌年その巣を再利用して大きな巣になったというのは経験上見たことがありません。

毎年春の暖かかく感じる3月中旬、暦の上では啓蟄(けいちつ)を過ぎたあたりから女王バチが飛んでいるのを見かけ、初秋の台風情報が流れるころには蜂の活動はほぼなくなります。

寒い季節には蜂は姿を消していなくなり、つくられた蜂の巣自体はそのままの状態で徐々に劣化していきます。

アシナガバチとスズメバチの違い

アシナガバチとスズメバチはどちらもハチの仲間ですが、いくつかの違いがあります。

以下にそれぞれの特徴を比較してみましょう。

  1. 見た目
    • アシナガバチ: 体長は約2センチほどで黒色の体に黄色い縞があります。ほっそりとした体型です。
    • スズメバチ: 体長は約3センチほどで黒色の体に黄色い縞があります。頭部に大きな顎があります。
  2. 性格
    • アシナガバチ: 比較的大人しい性格で攻撃的ではありません。
    • スズメバチ: 攻撃的で自分たちの巣を守るために果敢に立ち向かいます。
  3. 巣の形と大きさ
    • アシナガバチ: 巣はシャワーヘッド型で最大で直径30センチほどです。
    • スズメバチ: 巣は球状でマーブル模様を持ち、最大で40~80センチ、大きい場合には1メートル近くに成長することがあります。
  4. 巣の場所
    • アシナガバチ: 軒下や木の幹など開放的な場所に巣を作ります。
    • スズメバチ: 軒下や木の枝、屋根裏、壁の中、土の中など、開放的な場所だけでなく閉鎖的な場所にも巣を作ります。

どちらの蜂も毒を持つ危険な蜂であるため、巣を見つけた場合は注意が必要です。

新しい巣と古い巣の見分け方は色で判断できます

古い巣の色は灰色っぽく見え、新しい巣は濃い茶色で遠目からは黒っぽく見えたりします。

その年にできたアシナガバチの巣を放置するとどうなるのか?については、駆除依頼での経験値から申しますと前年もしくはさらに前に営巣したと見える巣の近くでアシナガバチが寄ってきて新たに巣をつくった例はたくさんありました。

ですので結果的にその年の蜂自体はいなくなるのですが巣を駆除せず残したままですと周辺に再度ハチが巣をつくる可能性は高くなるように思います。

アシナガバチに限らず近くで別の巣をつくったりしますので、やはり蜂の巣に気づいたときは専門の業者へ連絡して駆除するのが最善の解決方法ではないでしょうか。

アシナガバチについての詳しい内容はこちらのページをご覧くださいね。

横浜市で蜂に刺されたら?

横浜市で蜂に刺された場合、以下の対処法を考慮してください。

  1. 冷静になる
    刺された直後は冷静になりましょう。慌てて手で振り払ったり、走り回ったりするとハチをさらに刺激してしまいます。
  2. 洗浄
    刺された部位を流水でよく洗い流すことでハチの毒を薄める効果があります。針が残っている場合は、ピンセットで取り除きましょう。
  3. 毒液吸引器具の使用
    毒液や毒針を吸う専用の器具があれば皮膚内の毒をある程度吸い出すことができます。アウトドア用品店などで市販されているので、夏に野外活動をする際には備えておくと良いでしょう。
  4. 炎症対策
    患部にはれや痛みなどの炎症がある場合はステロイド外用剤を塗って炎症を抑えましょう。また、冷水や保冷剤を使って患部を冷やすのも効果的です。
  5. 医療機関の受診
    アナフィラキシーの症状が出現した場合や患部の症状が改善しない場合は、医療機関を受診しましょう。特に過去にアナフィラキシーを発症したことのある人は注意が必要です。

ハチに刺されないようにするためには、ハチの巣に近づかないようにし、黒い色の衣類や強い臭いを避けることが大切です。

注意: アナフィラキシーの症状が出現した場合は、ただちに医療機関を受診してください。

アシナガバチは、駆除するかどうか検討する際にいくつかの要因を考慮する必要があります。

以下に、アシナガバチの駆除について詳しく説明します。

  1. 巣の位置と危険度
    アシナガバチの巣が人の生活圏内にある場合、特に家の軒下や室外機などで巣が作られている場合は駆除を検討すべきです。巣が高所にある場合は、駆除の難易度や危険性が増します。
  2. 巣の大きさと時期
    アシナガバチの巣は、初期段階のうちに駆除するのが望ましいです。巣が大きくなると駆除が難しくなります。巣の大きさが15cm以上で、7月から9月ごろのアシナガバチの巣は最盛期となります。
  3. 自力での駆除の可否
    自分で駆除できるかどうかを判断しましょう。巣の状態や巣の場所、自身の技術や装備によって、自力で駆除できる可能性があります。ただし、駆除作業は危険が伴うため、慎重に行う必要があります。
  4. 専門業者への依頼
    駆除が難しい場合や不安がある場合は、専門のハチ駆除業者に依頼することを検討してください。彼らは適切な装備と知識を持っており、安全に駆除を行います。

注意:駆除作業は危険が伴うため、自力で行う場合は慎重に行い、必要な装備を用意してください。

スズメバチの駆除はどこに頼めばいい?

スズメバチの駆除を依頼する際には、以下のポイントを考慮して業者を選ぶことをおすすめします。

  1. 速やかな対応
    スズメバチは命に関わる危険があるため、被害が出る前に早急に駆除する必要があります。業者が迅速に対応できるか確認しましょう。
  2. 現地調査と見積もりの無料提供
    駆除業者による現地調査と見積もりは無料で行っていることを確認してください。
  3. 実績と信用
    実績のある業者を選ぶことで、安心して駆除を依頼できます。
  4. アフターフォロー
    駆除後の再発防止対策をしっかりしている業者を選びましょう。

また、自治体によってはスズメバチの駆除を無償で受け付けている場合もあります。

地域ごとの対応を確認してみてください。

注意:自力での駆除は危険が伴うため、専門業者に依頼することをおすすめします。

スズメバチは何月まで活動しますか?

スズメバチは活動期間が春から秋まで続きます。

具体的には、4月から11月ごろまで活動します。

気温が15℃〜20℃よりも低くなるとスズメバチの動きが鈍くなり、冬になると新女王バチのみが冬眠して他のハチは寿命で死んでしまいます。

9月から10月は働きバチの気性が荒くなり非常に危険な時期です。

この時期はスズメバチに刺されないように黒っぽい服装や強いニオイのするものを身につけないようにしましょう。

ハチに刺されないようにする方法

ハチに刺されないためには、以下の方法を実践してみてください。

  1. においの強いものを付けない
    • 蜂はにおいの強いものに過敏に反応します。香水や整髪料などの強いにおいを付けて蜂がいそうな場所に行くことを避けましょう。また、汗のにおいにも反応することがあります。夏場は汗を拭いてにおいを抑えるようにしましょう。
  2. 黒いものを着用しない
    • スズメバチやアシナガバチは黒い色に反応して襲いかかることがあります。白い服を着用することで蜂に襲われるリスクを下げましょう。
  3. 蜂に遭遇したときは急な動きをしない
    • 蜂は急な動きをするものに対しても反応し、攻撃を仕かけてきます。静かにその場を離れることが大切です。
  4. 洗濯物を取り込むときは蜂に注意する
    • 洗濯物の影に隠れていることがあるので、取り込む際は注意しましょう。香りの強くない洗剤を使用すると蜂が寄りにくくなります。

これらの対策を実践することで、蜂に刺されるリスクを大幅に下げることができます。

※この記事はあくまで一般的な情報を提供するものであり、具体的な駆除方法や費用については現地の状況により異なる場合があります。必ず専門業者にご相談の上、適切な対応を行ってください。また、この記事の情報を基に自己判断で駆除を行った結果、何らかの問題が発生した場合、当方は一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

横浜市鶴見区は横浜市の北東部に位置し多面的な特徴を持つ地域です。

  1. 地理的特徴:鶴見区は住宅地が連なる丘陵部の「丘のまち」、鶴見川に沿った「川のまち」、臨海部の「海のまち」で構成されています。
  2. 歴史と文化:昭和2年の横浜市の区制施行によって誕生しました。工業地帯としての顔ばかりでなく、商業都市、住宅都市としての顔も兼ね備えています。
  3. 交通:鶴見駅周辺地区は横浜市における主要な生活拠点に指定されています。
  4. 生活環境:鶴見区は再開発により街並みが美しくなり、住宅街は静かで落ち着いた雰囲気があります。さらに大型商業施設が充実しており、買い物に便利です。
  5. 人口:2023年5月1日現在、人口は295,854人(推計)で市内18区中第3位、区内に住所を定めている世帯の数は148,410世帯で港北区に次いで第2位となっています。

以上のように、鶴見区はその地理的特徴、歴史、文化、交通、生活環境、人口など、多面的な特徴を持つ地域と言えます。横浜市鶴見区について、これらの情報が参考になれば幸いです。

横浜市鶴見区には多くの観光スポットがあります。

いくつかご紹介します。

  1. 曹洞宗大本山總持寺
    鶴見駅から徒歩5分程度の場所に位置する名刹で、誰でも座禅を組むことができます。
  2. 海芝公園
    海芝浦駅そばの公園で、美しい景色を楽しむことができます。
  3. 横浜ベイブリッジ
    美しい夜景が楽しめるスポットです。
  4. 鶴見花月園公園
    鶴見駅周辺にある公園で、四季折々の花々を楽しむことができます。
  5. 仲通商店街(沖縄タウン・南米タウン)
    地元の食材や商品を楽しむことができる商店街です。
  6. 神奈川県立三ッ池公園
    自然豊かな公園で、ハイキングやピクニックを楽しむことができます。
  7. みその公園・獅子ヶ谷市民の森
    自然を満喫できる公園で、散歩やピクニックに最適です。
  8. 大黒海釣り公園
    海釣りを楽しむことができる公園です。
  9. 鶴見神社
    横浜最古の神社で歴史を感じることができます。
  10. 鶴見つばさ橋
    A型の主塔が特徴的な橋で、美しい景色を楽しむことができます。

以上のスポットは鶴見区の多面性を体験するのに最適な場所です。観光の際は各施設の最新の営業情報をご確認ください。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

突然の蜂の巣

どこに相談していいか
わからない!

とお悩みのあなた…

【朝8時~夜8時まで】

年中無休

即日の駆除対応可