神奈川県横浜・港北区:アシナガバチの蜂の巣駆除と安心対策ガイド

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは、横浜ハチ駆除本舗です。

いつもご覧いただきありがとうございます。

下の1枚目の写真は、神奈川県横浜市港北区で蜂の巣駆除をしたときの画像です。

種類はアシナガバチで玄関前の天井に巣がありました。

4月下旬のアシナガバチの巣はこんな感じです。

蜂が飛んでいる姿をご主人がたまたま見かけて蜂の巣を発見されお電話をくださりました。

直径3~4cmの巣には六角形の部屋が13個あり卵がしっかりと入っていました。

ゴールデンウィークでご自宅周りの整理などされた時は、見る機会がありましたら蜂の巣がないか外壁やサッシ、軒下を目視点検してくださいね。

蜂の巣駆除の必要性とアシナガバチの特徴

蜂の巣駆除が必要な理由

アシナガバチは人間に対して攻撃的になることがあり、刺されると痛みや腫れ、場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。

また、蜂の巣が増殖し被害が拡大する可能性もあります。

蜂の巣は一度作られると幼虫を守るために攻撃的になり、周囲に危険をもたらすことがあります。

特に、巣がある場所が人通りの多い場所や、子供たちが遊ぶ場所である場合は危険性が高くなります。

そのため、駆除は必要不可欠です。

蜂の巣駆除は専門的な知識や技術が必要であり、自己判断で行うことは危険です。

専門業者に依頼することが望ましいです。

専門業者は安全かつ迅速に蜂の巣駆除を行い再発防止策も提案してくれます。

駆除を行うことで安全な生活環境を確保することができます。

アシナガバチの特徴

アシナガバチは木の枝や建物などに巣を作ります。

巣が大きくなると同時に攻撃性も高くなり、刺された際には強い痛みや腫れ発熱などの症状が現れることがあります。

アシナガバチの生態と特徴

アシナガバチはハチ科に属する昆虫で日本を含む世界中に分布しています。

体長は約3cmほどで、春から秋にかけて活動する黒色の細長い体型が特徴的です。

また、名前の通り、後ろ脚が長く、歩くときには前足と後ろ足を交互に動かして歩く独特の歩行方法をとります。

アシナガバチは花の蜜や樹液、果汁などを餌としています。

また、狩りをすることもあり、昆虫やクモなどを捕食します。

巣は木の枝や建物などに作られ、約20cmから30cmほどの大きさになります。

巣の中には女王バチと働きバチがおり、女王バチは卵を産み、働きバチは巣の中での掃除や卵の世話、餌の調達などを行います。

アシナガバチは人間に対しても積極的に攻撃してきます。

特に、アレルギーを持っている人はアシナガバチに刺された場合には、アナフィラキシーショックを起こすことがあり命にかかわることもあります。

そのため、アシナガバチには注意が必要です。

蜂の巣駆除の方法と注意点

蜂の巣駆除の方法

駆除は専門業者による駆除方法とDIYでの駆除方法があります。

蜂の種類や巣の場所によっては専門業者による駆除が望ましい場合があります。

業者は種類や場所に応じた適切な駆除方法を選択し、安全かつ効果的に駆除を行います。

一般的に蜂の巣駆除には、化学薬品を使用する方法と非化学的な方法があります。

化学薬品を使用する方法は薬剤を巣に散布することで、蜂を駆除する方法です。

非化学的な方法には吸引器を使用する方法があり、蜂を吸い込んで駆除する方法です。

また、DIYでの蜂の巣駆除は危険な作業であり専門知識や装備が必要な上、誤った方法で駆除を行うと蜂の攻撃を受ける危険性があります。

そのため、専門業者に依頼することが望ましいです。

専門業者による蜂の巣駆除は、安全かつ効果的に駆除を行うことができます。

蜂の巣駆除を行う際には、近くの専門業者に依頼することをおすすめします。

蜂の巣駆除の注意点

蜂の巣駆除は素人が行うと危険な作業となります。

特に、真夏のアシナガバチは攻撃性が高く、体質によっては刺されると重篤なアレルギー反応を引き起こすことがあります。

そのため、自力での駆除は避けるべきです。

また、駆除後の巣の処理方法にも注意が必要です。

駆除後の巣の処理方法

駆除後の巣は、そのまま放置すると再び蜂が巣を作り再発する可能性があります。

そのため、適切な処理が必要です。

まず、巣を取り外す前に周囲の人や動物が近づかないように注意しましょう。

次に、巣を取り外す際には保護服や手袋、マスクなどの適切な装備を着用し巣を慎重に取り外します。

巣を取り外した後は、巣に残っている蜂や卵を完全に駆除する必要があります。

その後、薬品で処理する、密閉して捨てるなどの方法で処理します。

ただし、薬品を使用する場合は周囲の環境に影響を与えないように注意が必要です。

以上のように、駆除後の巣の処理にも注意が必要です。

安全かつ適切な処理を行うことで再発を防止し、周囲の安全を確保することができます。

アシナガバチの巣を発見した場合の対処法

アシナガバチの巣を発見した場合の適切な対処法

まず、巣に近づかず、アシナガバチに刺されないように注意しましょう。

アシナガバチは、自分たちの巣を守るために攻撃的になることがあります。

そのため、巣に近づかないようにすることが大切です。

次に、専門業者に相談しましょう。

アシナガバチの巣は自分で取り除くことは危険であり、専門業者に依頼することが必要です。

専門業者は、適切な装備や技術を持っており、安全に巣を取り除くことができます。

また、巣を発見した場合は、周囲の人にも注意を呼びかけることが大切です。

アシナガバチの巣がある場所に近づかないように、周囲の人にも注意を促しましょう。

以上のように、アシナガバチの巣を発見した場合は、専門業者に相談し巣に近づかず、周囲の人にも注意を呼びかけることが適切な対処法です。

アシナガバチの巣を未然に防ぐ方法

巣ができにくい環境を作ることや、巣ができそうな場所を定期的にチェックすることが重要です。

アシナガバチは人間の生活空間に巣を作ることがあり、刺されることで健康被害を引き起こすことがあります。

そこで、アシナガバチの巣を未然に防ぐためには以下の方法が有効です。

巣ができにくい環境を作る

アシナガバチは、木の枝や葉などを使って巣を作ります。

そのため、庭や周辺の環境を整えることで巣ができにくい環境を作ることができます。

具体的には、以下のような対策が考えられます。

  • 木の枝や葉などを片付ける
  • 草刈りを定期的に行う
  • 木の枝を切り落とす
  • 穴や隙間を埋める

巣ができそうな場所を定期的にチェックする

アシナガバチは巣を作る場所として軒下や壁の隙間、庭の木の枝などを好みます。

そのため、定期的にチェックして巣ができそうな場所を見つけることが重要です。

具体的には、以下のような対策が考えられます。

  • 軒下や壁の隙間をチェックする
  • 庭の木の枝をチェックする
  • 巣ができそうな場所に防虫ネットを張る

以上のように、アシナガバチの巣を未然に防ぐためには巣ができにくい環境を作ることや、巣ができそうな場所を定期的にチェックすることが重要です。

これらの対策を行うことで、アシナガバチの被害を未然に防ぐことができます。

まとめ

アシナガバチの巣は危険なので、早めに駆除することが重要です。

駆除は専門業者に依頼することが望ましいです。

また、巣を未然に防ぐためには定期的なチェックが必要です。

アシナガバチの巣の危険性と駆除方法

アシナガバチは、刺されると強い痛みやアレルギー反応を引き起こすことがあります。

そのため、アシナガバチの巣は危険な存在となります。

巣が発見された場合は、早めに駆除することが重要です。

駆除は、専門業者に依頼することが望ましいです。

専門業者は、適切な装備や知識を持っており安全かつ効果的に駆除を行うことができます。

自分で駆除を行う場合は、十分な知識と装備が必要です。

また、アシナガバチの巣を未然に防ぐためには、定期的なチェックが必要です。

特に、屋外で過ごす時間が多い場合や、アシナガバチがよく出没する地域に住んでいる場合は要注意です。

巣が発見された場合は、すぐに専門業者に連絡し駆除を依頼することが大切です。

早めの駆除や定期的なチェックを行うことで、アシナガバチの被害を未然に防ぐことができます。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

無料相談はこちら090-6183-9046【朝8時~夜8時まで年中無休】

お問い合わせ お気軽にご相談ください