自宅でできる!スズメバチやアシナガバチの小さい蜂の巣の駆除と予防の完全ガイド

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは横浜ハチ駆除本舗です。こちらのページをご覧くださり誠にありがとうございます。

夏の暖かい時期、多くの人が庭やベランダに出現する小さい蜂の巣に悩まされることがあります。

自分での駆除が可能かどうか、安全に行う方法など、ここでは蜂の巣駆除に関する基本から具体的なアドバイスまでを紹介します。

蜂の巣駆除の基本

蜂の巣駆除には知っておきたい基本的なポイントがいくつか存在します。

駆除をする前に、これらのポイントをしっかり理解することが大切です。

小さい蜂の巣の特徴

小さい蜂の巣は初期段階であり、この時期に駆除することで大きな被害を防ぐことができます。

特にアシナガバチなど、攻撃的な種類の場合は早めの対応が求められます。

初期の蜂の巣はまだ蜂の数も少なく、駆除の際のリスクが低いとされています。

しかし、そのサイズや色から種類を特定することは難しく、間違った方法で駆除を試みると逆に蜂を刺激してしまう可能性があります。

早めの駆除は重要ですが、どのような蜂の巣であるかを正確に知ることも同様に大切です。

また、駆除する際の天候や時間帯も重要な要因となり、これらを考慮することで安全に作業を行うことができます。

自分で駆除する方法

市販の蜂の巣駆除スプレーや、水を用いた駆除方法など、小さい蜂の巣を自力で安全に取り除くための具体的な手段を紹介します。

市販のスプレーは、種類に応じて効果的に蜂を駆除することができますが、使用する際は必ず取扱説明書を読み、指示通りに使用してください。

水を使った方法は、特にアシナガバチのような攻撃的な蜂には効果的ですが、十分な量の水と正しい方法で行わないと、蜂を刺激する可能性が高まります。

自分での駆除は簡単に思えますが、十分な知識と準備が必要です。安全を最優先に考え、状況に応じてプロの力を借りることも視野に入れることをおすすめします。

また、アレルギーの有無など自身の健康状態も考慮し、リスクを最小限に抑える方法を選ぶことが重要です。

蜂の巣駆除の注意点

しかし、自分で駆除する際には注意が必要です。

安全に効果的に駆除するためのポイントを押さえておきましょう。

駆除時の安全対策

手袋や帽子など、駆除時の安全装備や、蜂に刺された際の対応方法について詳しく解説します。

最初に、厚手の手袋や長袖の服、顔を覆う帽子やネットなどを用意してください。

これにより、蜂に刺されるリスクを大きく減少させることができます。

また、駆除する際は冷静に行動することが大切です。

焦ることで手を打つと、蜂を刺激し攻撃される原因となります。

万が一、蜂に刺された場合は、刺さった針をすぐに取り除き冷やして腫れを抑えることが大切です。

そして、アレルギー反応などの異常が出た場合は、すぐに医療機関に相談してください。

最適な時間帯とは?

夜間や早朝など、蜂が活動していない時間帯が駆除に適しています。

詳しい時間帯やその理由を説明します。

蜂は気温が低いと活動が鈍くなります。

そのため、夜間や早朝は蜂が巣の中で静かにしていることが多いです。

この時間帯に駆除を行うと活動中の蜂との接触を避けられ、作業がスムーズに進行します。

しかし、気温や季節、地域によって蜂の活動パターンが異なることもありますので事前の下調べが欠かせません。

また、駆除時の照明は必要最低限に抑え、蜂を刺激しないよう注意が必要です。

蜂の巣の種類

蜂の巣とひと口に言っても、実は様々な種類が存在します。

駆除方法も異なるため、しっかりと種類を判別することが大切です。

アシナガバチの特徴

アシナガバチの見た目や生態について紹介。

また、この種の蜂の巣が家の近くにある場合の対処法についても触れます。

アシナガバチは、その名の通り長い脚を持つ蜂として知られています。

体色は黒と黄色の模様で、非常に攻撃的です。

彼らの巣は木の枝や家の軒下など、さまざまな場所に作られます。

特に、人々の生活圏内に巣を作ることが多いため注意が必要です。

アシナガバチの巣を発見した場合、無理に近づくことなく専門家に相談することを推奨します。

自分で駆除を試みると、アシナガバチからの攻撃を受けるリスクが高まるため、十分な対策が求められます。

小さい蜂の巣とは?

小さい蜂の巣の種類や、なぜ小さい時期に駆除することが重要なのかを詳しく説明します。

小さい蜂の巣は蜂の活動初期に形成されるもので、この段階での駆除が推奨されます。

初期の巣は、蜂の数がまだ少なく、駆除の際のリスクが低いためです。

しかし、放置しておくと蜂の巣は大きくなり、駆除が困難になるだけでなく、蜂との接触の危険性も増します。

特に子供やペットがいる家庭では、早めの駆除対応が重要となります。

蜂の巣駆除のポイント

駆除を成功させるためのポイントをいくつか挙げ、具体的な対応方法を紹介します。

小さい蜂の巣の取り方

効果的な取り方や、取り扱いにおける注意点を詳しく解説します。

小さい蜂の巣の駆除は、早い段階での対応が鍵です。

この時期は蜂の数も少なく、攻撃的でないため、比較的安全に取り除くことが可能です。

取り除く際には市販の蜂の巣駆除スプレーを使用すると良いでしょう。

しかし、スプレーをかける前に風の向きを確認し、自分の方に風が吹いていないことを確認してください。

駆除後は周辺に蜂が残っていないか確認し再発を防ぐための対策を考えることが重要です。

特徴と対処法

蜂の巣の特徴から、それに合わせた最適な対処法を紹介します。

蜂の巣の形状や色、大きさなどの特徴は、種類によって異なります。

例えば、アシナガバチの巣は大きくて明るい色をしています。

対処法としては、具体的な蜂の種類を特定してから、その種類に適した駆除方法を選択することが効果的です。

また、巣を作る場所や蜂の活動パターンなどの特徴を理解することで、駆除時のリスクを低減することができます。

専門家の助言や指導を受けることで、より安全かつ効果的に駆除を行うことが可能となります。

蜂の巣駆除は正しい知識と注意点を押さえて行えば自分でも安全に行うことができます。しかし大きな蜂の巣や、取り扱いが難しい場合はプロに依頼することも考慮してください。安全第一で快適な生活空間を取り戻しましょう。

「まだ小さい蜂の巣だから殺虫スプレーでなんとかなりそう…」

と駆除に挑戦したい人もいらっしゃるかと思います。

素人でもできるか、できないかと言ってしまえば、その答えは「できる」です。

ただ、相手は昆虫です。

しかも毒の針を持ち自由自在に飛びまわる“蜂”。

恥ずかしながら駆除業者である私もアシナガバチ、スズメバチに刺された経験はありまして、どちらにやられたときも一瞬、火で炙った熱い針を刺された感じがあり腫れあがりました。

とくにスズメバチのときは、そのあとじわじわと痛みが増して突然のかゆみで眠れず一週間は仕事ができませんでした。

自分で駆除できる?のお話しに戻りますと「できる」というのは、しっかりと駆除の防護準備をしている前提のことになります。

準備とは、もちろん蜂駆除用の防護服とハチ用の殺虫スプレーは最低限の必須アイテム。

その他にも革の手袋(これも蜂駆除用のもの)や安全靴タイプの長靴(白色)は必要となります。

小物でそろえるのは虫網や巣を剝がすためのスクレーパーもあると便利です。(巣が高い場所にあるときは脚立やはしごも)

最低限ここに載せた道具類を用意していただき「小さい蜂の巣は自分で駆除できる」と思います。

※ネットで注文できる駆除に最低限必要なものはページ下部にご紹介していますのでご覧ください。

挑戦される方は暑い時期なので水分の補給をしながら自己責任の上、安全第一で作業されてください。

駆除する時間帯については蜂の巣がある場所など、状況次第で変わってくると思います。

はしごや脚立が必要な高さにある場合は、やはり日中が理想的です。

暗くなってからの高所作業は避けるべきで、蜂に刺される以前に地面に落下して二次被害になる可能性も出てきます。

私も夜の駆除はしていますが、ライトを照らしゆっくり静かに近づいても蜂は人の影に一瞬で反応して警戒態勢に入り動きはじめます。

地面に立ってご自分の手が届く場所であれば日没後に駆除されてもよいかと。

自分で蜂の巣駆除するとき最低限そろえたい道具5種類

どちらにしても、ちょっとでも身の危険と感じたら途中でも駆除を中止して、お住まいから近い専門の蜂の巣駆除業者さんへご相談くださいね。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

突然の蜂の巣

どこに相談していいか
わからない!

とお悩みのあなた…

【朝8時~夜8時まで】

年中無休

即日の駆除対応可