蜂の巣を見つけたらどうする?蜂の巣駆除には防護服が必要!

この記事はプロモーションが含まれています。

こんにちは横浜ハチ駆除本舗です。こちらのページをご覧くださり誠にありがとうございます。

蜂の巣を見つけたら素手や薄着で近づいたり、自分で駆除しようとしたりしないでください。

蜂は刺激に敏感で攻撃的になることがあります。

蜂に刺されると痛みやかゆみだけでなく、アナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応を起こす可能性もあります。

蜂の巣を見つけたら、安全な距離に離れてプロの駆除業者に連絡しましょう。

蜂の巣駆除には蜂の針を通さない厚手で白い生地で作られた防護服が必要です。

防護服は頭から足までを完全に覆うもので、すき間がないようにガムテープやベルトで固定します。

防護服は蜂の攻撃を防ぐだけでなく、蜂の色や匂いに対する刺激を減らす効果もあります。

白い色は蜂に認識されにくく、ツルツルした表面は蜂が止まりにくいからです。

防護服を着用することで蜂の巣駆除を安全に行うことができます。

蜂の巣駆除用の防護服の種類と選び方

蜂の巣駆除用の防護服はホームセンターやネット通販で購入することができます。

防護服は上下一体型のものや、上下別々のものがあります。

また、ヘルメットや手袋、長靴などの付属品がセットになっているものや、別売りのものもあります。

防護服を選ぶときは次のポイントに注意しましょう。

蜂の巣駆除専用のものを選びましょう。

養蜂用や草刈り用のものは生地が薄かったり、すき間があったりするので蜂の針を通してしまう危険があります

価格が安すぎないものを選びましょう。

千円単位の安いものは品質が低く、蜂の針を通してしまう可能性が高いです。

できれば5万円以上のものを選びましょう。

ヘルメットや手袋、長靴などの付属品がセットになっているものを選びましょう。

セットになっていない場合は個別に購入してください。

付属品は防護服と同じく厚手で白いものが望ましいです。

蜂の巣駆除用の防護服は購入すると高額になることがあります。

そこで、レンタルや自作を考える方もいるかもしれません。

しかし、レンタルや自作には次のようなデメリットがあります。

レンタルの場合は、自治体や業者によっては貸し出しや返却に手間がかかったり、在庫がなかったりすることがあります。また、レンタル料金や送料などがかかることもあります。

自作の場合は、中綿入りの防寒着やレインコートなどを重ね着してガムテープやベルトで固定する方法があります。

しかし、自作の防護服は蜂の針を通してしまう可能性が高く、また、暑くて熱中症になる危険もあります。

レンタルや自作は蜂の数が少なく、危険が低い場合に限って検討してください。

できるだけ、購入した防護服を着用することをおすすめします。

蜂の巣駆除はプロにお任せください

蜂の巣駆除には防護服が必要ですが、防護服を着ても蜂の巣駆除は危険な作業です。

蜂は攻撃的になることがあり、刺されると重篤なアレルギー反応を起こす可能性もあります。

また、防護服は暑くて熱中症になる危険もあります。

蜂の巣駆除は自分で行うのではなく、プロの駆除業者に依頼することをおすすめします。

プロの駆除業者は蜂の種類や巣の状態に応じて、最適な駆除方法を選択し、安全に作業を行います。

また、駆除後の巣の処理や再発防止の対策も行ってくれます。

蜂の巣駆除はお任せください。経験豊富なスタッフが丁寧かつ迅速に蜂の巣を駆除いたします。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

突然の蜂の巣

どこに相談していいか
わからない!

とお悩みのあなた…

【朝8時~夜8時まで】

年中無休

即日の駆除対応可