アシナガバチの種類と生態:巣の見分け方と安全な駆除方法

この記事はプロモーションが含まれています。

アシナガバチの種類と見分け方

まず、アシナガバチの種類や特徴について見ていきましょう。

アシナガバチは大きく分けて3属11種類が日本に生息しています。

それぞれに独自の模様や生態がありますが、共通しているのは脚が長くて細いことです。

そのため、飛んでいるときに脚がぶら下がって見えることから、アシナガバチと呼ばれています。

アシナガバチには様々な種類があり、それぞれに独特の特徴があります。

セグロアシナガバチやキアシナガバチなど、代表的な種類を知ることで、自然の中での観察がより楽しくなります。

アシナガバチの美しい模様や行動を観察することは、自然とのつながりを感じる素晴らしい機会です。

では、それぞれの属について詳しく見てみましょう。

アシナガバチ属

アシナガバチ属は、日本で最もよく見られるアシナガバチです。

黒と黄色の縞模様が特徴的で、7種類が存在します。

その中でも代表的なものは、セグロアシナガバチ、キアシナガバチ、フタモンアシナガバチなどです。

セグロアシナガバチは胸部の後方が黒くなっており、キアシナガバチは黄色と黒の模様が鮮やかです。

フタモンアシナガバチは背中に2つの黄色い斑点があります。

これらのハチは都市部や田舎問わず広く分布しており、人間と接触する機会も多いです。

コアシナガバチ属

コアシナガバチ属は、黒と白の縞模様が美しいアシナガバチです。

3種類が存在します。その中でも代表的なものは、コアシナガバチ、ハイイロコアシナガバチ、ミヤマコアシナガバチなどです。

コアシナガバチは都市部や市街地に多く見られます。

ハイイロコアシナガバチは体色が灰色っぽくなっており、ミヤマコアシナガバチは山岳地帯に住んでいます。

これらのハチはアシナガバチ属よりも攻撃的で、刺されると痛みが強いと言われています。

ミズアブ属

ミズアブ属は、日本には1種類しかいないアシナガバチです。

黒と白の縞模様が特徴的で、水辺に住んでいます。

水中で巣を作ることから、ミズアブと呼ばれています。

このハチは人間に対してあまり攻撃的ではありませんが、水辺で遊んでいるときに気をつけなければなりません。

以上のように、アシナガバチは3属11種類が日本に生息しており、それぞれに異なる特徴を持っています。

アシナガバチの種類や特徴を知ることで、自然観察の楽しみが増えますし、危険を回避することもできます。

アシナガバチの危険性と安全な対処法

次に、アシナガバチの危険度や対処法について見ていきましょう。

アシナガバチは毒針を持っており、人間を刺すことがあります。

刺されると患部が腫れて、強い痛みを伴うこともあります。

通常、初めて刺された場合は1日程度で痛みや腫れは収まりますが、2回目以降は毒に対するアレルギー反応が起こる可能性があります。

重症化するとショック症状や呼吸困難などを引き起こし、命に関わることもあります。

アシナガバチは刺激に強く反応することがありますが、正しい知識と対処法を身につければ、安全に共存することが可能です。

刺された場合の応急処置や、巣に近づかないための予防策を知ることは、家族やペットを守るためにも重要です。

アシナガバチとの遭遇は避けられないこともありますが、落ち着いて対応することが大切です。

では、アシナガバチに刺されたらどうすればいいのでしょうか。

刺された部位を冷やす

アシナガバチに刺されたら、まずは患部を冷やして毒を体に回らせないようにしましょう。

氷や冷たいタオルなどを使ってください。

刺さった針は抜かずにそのままにしておき、医療機関で処置してもらいましょう。

針を抜くと毒がさらに体内に入ってしまう可能性があります。

また、安静にすることも大事です。

動くと血液の流れが早くなり、毒が広がってしまうかもしれません。

アレルギー反応に注意する

アシナガバチに刺されると、アナフィラキシーショックという重度のアレルギー反応を起こす可能性があります。

呼吸困難、意識障害、血圧低下などの症状があれば、すぐに救急車を呼んでください。

アシナガバチの巣に近づかない

アシナガバチの巣を見つけたら、近づかないように注意しましょう。

巣から離れた場所でも攻撃されることがあります。

自分で駆除しようとしないでください。

専門業者に依頼するのが安全です。

自分で駆除しようとすると、巣から大量のハチが飛び出してきて襲われる危険性が高くなります。

アシナガバチの巣の特徴と見つけ方

最後に、アシナガバチの巣の見分け方や場所について見ていきましょう。

アシナガバチの巣は、シャワーヘッドやハスの実のような形をしており、六角形の巣穴がきれいに並んでいます。

巣は巣柄から一方向に長く伸びて、背面は上向きに反り返ります。

大型の巣では、巣柄は巣の中央にあります。

これらの特徴を覚えておくと、アシナガバチの巣を見分けることができます。

アシナガバチの巣は独特の形状をしており、見つけやすい特徴があります。

巣の場所や形状を知ることで、不用意に近づくリスクを避けることができます。

アシナガバチの巣を見つけた場合は、専門家に相談することが最も安全です。

自然の中でアシナガバチの巣を見つけることは、生態系の理解を深める機会となります。

巣の形

アシナガバチ属の巣は、シャワーヘッドやハスの実のような形をしています。

巣は紙質でできており、水に弱いです。巣は一年で一度しか使われず、冬になると壊れてしまいます。

巣は最大で25センチメートルほどになります。

コアシナガバチ属の巣は、アシナガバチ属の巣と似ていますが、やや小さくて丸みがあります。

巣は木質でできており、水に強いです。

巣は何年も使われることがあります。

巣は最大で15センチメートルほどになります。

ミズアブ属の巣は、水中で作られるため、他のアシナガバチとは異なります。

巣は泥質でできており、水に非常に強いです。

巣は一年で一度しか使われず、冬になると壊れてしまいます。

巣は最大で10センチメートルほどになります。

巣の場所

アシナガバチ属は、家や建物の屋根裏や軒下、物置や倉庫などの暗くて風通しの悪い場所に巣をつくります。

また、林や草むらなどの自然環境にも巣をつくることがあります。

これらの場所に行くときは、アシナガバチの巣に気づくことができるように注意深く観察しましょう。

コアシナガバチ属は、家や建物の外壁や窓枠、電柱や看板などの平らな場所に巣をつくります。

また、樹木や岩場などの自然環境にも巣をつくることがあります。

これらの場所に行くときは、コアシナガバチの巣に気づくことができるように注意深く観察しましょう。

ミズアブ属は、水辺に住んでいます。

池や沼、用水路や溝などの水中に巣をつくります。

水面から数センチメートルほど下にあるため、見つけることが難しいです。

水辺で遊んでいるときは、ミズアブの巣に気づくことができるように注意深く観察しましょう。

以上で、アシナガバチの巣の見分け方や場所についてご紹介しました。

アシナガバチの巣は、シャワーヘッドやハスの実のような形をしており、六角形の巣穴がきれいに並んでいます。

巣は暗くて風通しの悪い場所や平らな場所や水中にできやすいです。

自然環境にも巣ができることがあります。

アシナガバチの巣を見分けることができるように注意深く観察しましょう。

まとめ

アシナガバチについてご紹介しました。

アシナガバチは日本に生息するハチの仲間の一つです。

黒と黄色、あるいは黒と白の縞模様が美しいハチですが、毒針を持っており、人間に危険な存在でもあります。

アシナガバチについて知っておくことで、安全に自然を楽しむことができますよ。

アシナガバチと仲良く共存するためにも、彼らの生態や習性を尊重してあげましょう。

この記事が役に立ったら嬉しいです。お読みいただきありがとうございました。

対応地域のご案内

【神奈川県】
横浜市、川崎市、大和市、藤沢市、綾瀬市、座間市、茅ケ崎市、海老名市、相模原市、厚木市、平塚市、鎌倉市、葉山町、逗子市、寒川町、横須賀市

【東京都】
町田市、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、杉並区、練馬区

お困り際は、お気軽にご相談いただけますと幸いです。

対応地域のページはこちら

突然の蜂の巣

どこに相談していいか
わからない!

とお悩みのあなた…

【朝8時~夜8時まで】

年中無休

即日の駆除対応可